広告デザイナーとして心がけたいこと

グラフィックデザインとは、デザインを通じて情報を広く伝えるための表現手段と考えられます。ポスターや雑誌などといった広告デザインの他にはパンフレット、本や雑誌の表紙のデザインなど、グラフィックデザインは幅広く対応しています。そのグラフィックデザインを行う職業がデザイナーと呼ばれ、その中で広告を担当するデザイナーが広告デザイナーとなります。広告デザイナーは、広告代理店や印刷会社などのデザイン部門に所属して働くことが多いですが、デザイン事務所や広告制作会社などに所属するケースもあります。

 

広告デザイン

広告デザイナーの役割

広告デザイナーの役割とは、デザインの案件が来たらそのコンセプトを確認し、ターゲットの性別や年齢層を把握した後に、デザインを吟味していきます。求められるスキルは情報のインプットで、広告デザイナーには豊かな感性が求められます。画一的ではなく臨機応変に物事を考えることができ、限られた方面だけでなく多方面から物事を観察することができる繊細な心も重要といえます。最新の世の中の流行を把握し、今後の流行を予測できたとしても、それをしっかりと形にするための表現力がないと、プロの広告デザイナーとして活躍することは難しいです。情報のインプットをした後、的確にアウトプットするためのデザイン力は必要不可欠といえます。

 

デザインスキルを磨こう

また、的確なアウトプットには、デザイン流行の分析は欠かすことができません。どれだけ良いデザインだとしても、それが流行に沿っていない場合、世の中に受け入れられないことも十分に考えられます。かといって流行ばかりを追ってしまうと、広告デザイナーのオリジナリティがなくなってしまい、誰がデザインをしても同じだと思われてしまう可能性があります。デザイン流行の分析を行いつつ、自分だけのオリジナルのデザインスキルを磨くことが重要で、そのためには世の中の動向に常にアンテナを張り巡らせ、感性豊かな心を持つことを意識することが大切といえます。

デザインの良し悪しは、お洒落かどうかではない?

企業であったり、ファッションやインテリアにおいても社名であったりショップの名前であったり、周りを見渡せばデザインだらけですよね。名前だけでなく、学校や大学、病院などのパンフレットも様々なデザインでほどこされています。トイレやエレベーター、非常口などのマークもデザインといえるでしょう。

グラフィックデザイナーのやりがいとは

グラフィックデザイナーのやりがいとしては、多くの人が達成感と評価される喜びだと答えることでしょう。グラフィックデザイナーは、常に自分自身と闘わなければならず、また自分自身で責任を取らなければならない仕事です。さらにその評価のすべてが自分に返ってくるという特徴もあります。そのためグラフィックデザイナーは、ほかの職業と比べると、残業の多い職業です。

グラフィックデザイナーが面接前に準備しておくこと

グラフィックデザイナーの面接では、自己紹介が終ったら、提出した履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなどにそって、面接官が気になったところなどを質問してくることになります。職務経歴書がある場合には、経歴をわかりやすくまとめることが大切です。グラフィックデザイナーの未経験者の場合には、なぜグラフィックデザイナーを志望したのかなど、志望動機を質問されることが多いでしょう。

たかが見た目されど見た目 グラフィックデザインが広告に与える影響

企業が広告を出稿し、企業イメージそのものや商品、サービスを世に広めたいときに重要となってくるものは数多くあります。広告代理店選びから始まり、どういった形態でどのような場所に広告を出すか、どのようなキャンペーンをうつか、話題性のために何かイベントを開催するか等々。しかし、いずれの場合であっても商品訴求力を高めるためには視覚情報に力を入れることが重要になってきます。

広告デザイン

広告制作の依頼・デザイン

グラフィックデザイン

グラフィックデザイン制作依頼

デザイン依頼・価格

各種デザインの作成