グラフィックデザイナーが面接前に準備しておくこと

グラフィックデザイナーの面接では、自己紹介が終ったら、提出した履歴書や職務経歴書、ポートフォリオなどにそって、面接官が気になったところなどを質問してくることになります。職務経歴書がある場合には、経歴をわかりやすくまとめることが大切です。グラフィックデザイナーの未経験者の場合には、なぜグラフィックデザイナーを志望したのかなど、志望動機を質問されることが多いでしょう。そのためこの質問に対する回答をしっかりと用意しておくようにしましょう。

 

グラフィックデザイナーの面接2

ポートフォリオを作成しよう

グラフィックデザイナーの面接において、準備しておきたいものがポートフォリオの作成です。ポートフォリオとは、グラフィックデザイナーが実績をアピールするための作品集のようなものといってよいでしょう。就職活動や転職活動を行う際に、複数社の面接を受けたけれども、持っていったポートフォリオはすべて使い回しだったという人もいるかもしれませんが、完成品を一つだけ作るのではなく、ポートフォリオを提示する相手と状況に応じ、その中身を差し替えていくことが大切です。

例えばグラフィックにこだわりの強い会社に面接に行く場合には、グラフィックスキルをアピールしやすいように資料を中心にまとめるというアレンジが必要になります。ポートフォリオを作成する場合には、自分の頭で何をやれば採用されるかをしっかりと考えましょう。そしてそれをもとにオリジナルのフォーマットを考え出すことが大切です。自分の強みをしっかりと把握し、アピールすることを考えましょう。これがグラフィックデザイナーとして成長するための第一歩であるともいえます。

過去のデザインやデザイナーも調べてみよう

そして面接でよく聞かれる質問としては。尊敬しているグラフィックデザイナーや好きなグラフィックデザイナーがいるかということがよく聞かれる質問です。これはよく聞かれる質問であるため、必ずこたえられるように準備をしておきましょう。同じ業界のグラフィックデザイナーの過去の作品をたくさん見て、自分の好きなグラフィックデザイナーを探しましょう。日本のデザインの歴史は海外からも影響を受けているため、海外の有名なグラフィックデザイナーの作品を調べることも大切です。